ようやく移植後の生活が安定。ベビー用品を駆使して育児を満喫!

家族

前回の「検査も兼ねて入院した息子。しかし体調不良の原因は意外なところ…?」の記事で、免疫抑制剤の変更と毎日の浣腸について書きました。

その後の様子はすこぶる快調!いや、快腸?(笑)

移植後の通院も今まで2週間おきだったのが、1ヶ月おきになりました!

今回は、このブログ初(?)の普通の育児の記事となります(笑)

在宅記録を絶賛更新中!!

最初に書きますが、息子が我が家で連続して過ごす時間がやっと1ヶ月を超えました(笑)

妻が里帰り出産を終えて我が家に戻ってきてから1ヶ月経たないうちに胆道閉鎖症が発覚。

葛西手術を終えても、ビリルビンが高いままで腹水も多く、自宅に帰れないまま移植手術をすることに。

移植手術後の回復は良好で術後一ヶ月で退院はできましたが、通院を始めてからは嘔吐し高熱を出すなど体調は安定せず、入退院を繰り返していました。

しかし、ここにきてやっと体調が安定!息子が1歳を超えて初めて我が家で過ごす時間がやっと1ヶ月を過ぎたというわけです(笑)

息子がここへ来て急成長!?

調子がすこぶる良好な息子ですが、ここへきて急成長を遂げています。

まずは、なんと言っても体重です!

移植前の食事制限などの影響で、成長曲線のはるか下の方にいた息子。

しかし、以前から書いている通り食事が通常の月齢の子と同じかそれ以上の内容になっており、ここ数週間でみるみる太ってきました!

特に感じるのは太もも!

移植前は、腹水などの影響でお腹はぽっこりなのに手足がガリガリと言う状態だったのですが、今ではお腹も手足もムチムチです!(笑)

おすわりしている姿なんかは、本当にコロコロしているなぁと感じています。

また、体重以外にも肉体的な成長を感じています。

手術や長期の入院生活のせいでなかなか身体を動かすことができず、1歳になってもまだハイハイはできていない状態でした。

しかし、ここ1〜2ヶ月でハイハイはもちろん、つかまり立ちもできるほどにまでなりました!

当然、同じ月齢の子と比べればまだまだ遅いのでしょうが、今までと比べると見違えるほどの成長ぶりです。

ですが、良いことばかりではありません…。

動けるようになってきたということは、目が離せなくなったということ。

特に日中息子の面倒を見ている妻の負担は間違いなく増えました…(笑)

という事で、妻の負担軽減のためにベビー用品をいくつか買ってみました。

ベビーチェア

まず1つ目はベビーチェアです。

今まで離乳食を食べさせるときは、和室でバンボに乗せていました。

しかし、活動的になったことで自分からバンボから出るようになってしまいました…(笑)

これでは食べさせるのが一苦労ということ言うことで購入したというわけです。

購入したのはこちら。

カトージのハイチェアです!

テーブル付きのものですが、大きくなってある程度自分で座れるようになったらテーブルを外せます。

それまではテーブルをつけて腰と股の部分のベルトでしっかりホールドしてくれます。

こんな感じ。

ベビーチェア テーブル付き

外すとこんな感じ。

ベビーチェア テーブル無し

また、写真ではクッションを付けていますが、ベビーチェア自体にはクッションは付いていません。

そのまま座らせるのは流石にお尻が痛そうなのでこのクッションも一緒に買いました!

純正ではないですが、サイズはピッタリな感じですよね。

息子も気に入ったみたいですが、ご飯を食べるとき催促するようにテーブルをバンバン叩くようになりました…。

行儀が悪い…(笑)

ですが、食べさせるのはかなり楽になったみたいです。

実際、イスの中で暴れても、作りがしっかりしているので今のところ倒れる心配はありません

また、ステップの位置なども調節できるので、それなりに成長するまで長く使えそうでした。

ベビーゲート

次に買ったのはベビーゲート

嬉しいことに息子の調子はすこぶる良く日に日に成長しています。

少し前まではハイハイが上手くできなかったのですが、今ではあっという間に部屋の端から端まで移動するくらいです。

しかし、その結果困ったことも起きました。

それは息子から目が離せないということ…。

お子さんをお持ちの方はわかると思いますが、ほんのちょっと目を離しただけですぐ視界から消えてしまいます。

和室やリビング内ならまだいいのですが、キッチン内にまで入り込んでしまうことが多くなり、困っていました。

そこでベビーゲートと言うわけです。

私が買ったのはこちら。

スマートゲイトⅡという商品です。

サイズがいくつかあるので通路や入り口の幅に合わせましょう。

ただ、多少は幅の調整がききます。こんな感じで付属の部品をセットすると幅の調整ができるというわけです。

ベビーゲート 付属部品

このベビーゲート。地味に嬉しい点があります。

扉を90度開くと扉が空いたままになるので、子供をベビーベットにおいているときや、夜寝ているときなどは開きっぱなしにしておけます。

こんな感じです。

ベビーゲート 開けっ放し

また、空いた状態から扉を少し戻してやると自動で閉まってくれるんです。

これが地味に便利!

頻繁に開け閉めするものなので、こういう小さな点が意外と重要なんですよね!

ただ、自動で閉まるようにするにはステップカバーを付けている必要があります。

まぁ、つまずき防止になりますから大抵はつけますけどね。

自動で閉まる理屈はステップカバーの傾斜が扉の突起部分を持ち上げてくれるからですね。

ベビーゲート ステップカバー有り

ちなみにステップカバーを外してしまうとこんな感じになっちゃいます。

ベビーゲート ステップカバー無し

よく考えられていますよね〜。

今はキッチンの入口のみに設置してますが、完全に立って歩けるようになったらもう1つ購入して玄関にも設置しようと思います。

やはりこういうものは子供の安全につながるものなのでしっかりしたものを選びたいですね!

と、まぁこんな感じでいろんなアイテムを駆使しながら子育て生活を楽しんでいます。

でも、ほんとにこんな風に普通の育児の記事が書けるようになってきたのは嬉しいですね!

入院生活が長かったので、家族3人で自宅で過ごすなんでもない時間がほんとに幸せです。

これから少しずつ、こんな感じの育児日記が増やしていけるように頑張って行きたいと思います。

【追記】ついに平性30年5月にファミレスデビューできました!詳細は「移植後初のファミレスデビュー!ロイヤルホストは子連れにも優しい!」にて!