「単利」と「複利」って?お金の貯まり方はどのくらい違うの?

資産運用を行うにあたって「単利」と「複利」について理解すること非常に重要なポイントとなります。今回はそれぞれの特徴、そしてどのくらい違いが出てくるのかを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

「単利」と「複利」の違いについて

単利」と「複利」は運用している金融資産に対する利息のつき方の種類です

この違いを意識して、資産運用を行うだけで、その結果には大きな違いがでてきます。

「単利」とは?

単利とは当初の元本に対してのみ利息がつく計算方法になります。

もし100,000円を年利10%で単利運用した場合、毎年10,000円の利息がついていくことになります。

1年後には110,000円になっています。2年目も当初の元本100,000円に対して10%の利息がつくので10,000の利息になります。その為、2年後には110,000円+利息10,000円の120,000円になっています。

その後1年毎に10,000円増えていくということになります。

「複利」とは?

複利とは、単利とは異なり運用期間中に発生する利息を元本に繰り入れます。

つまり、元本+利息が次の元本になるということです。

発生した利息が元本に加えられ再投資されていくので、利息が利息を生んでいく形になります。

100,000円を年利10%で複利運用した場合、単利運用と同じく最初の1年は10,000円の利息がつきます。しかし、2年目は当初の元本100,000円と利息10,000円の合計110,000円が2年目の元本になるため、10%で運用した場合は11,000円の利息がつくことになります。

このように利息が再投資される形で元本が増えていきますので、単利に比べ複利のほうが高い運用効果が得られるようになります。

利回り10%の商品を単利/複利で運用したときの違い

単利 複利
1 110,000円 110,000円
2 120,000円 121,000円
3 130,000円 133,100円
4 140,000円 146,410円
5 150,000円 161,051円
6 160,000円 177,156円
7 170,000円 194,872円
8 180,000円 214,359円
9 190,000円 235,795円
10 200,000円 259,374円

「複利」で運用するために

複利で運用するには利子・配当所得など、投資を通じて得た全てのお金を再び投資するだけで可能です。

定期預金であれば元利金継続をする。株式であれば配当金を再投資するといった感じです。

もちろん投資信託でもOKです。ただし、先日の記事にも書きましたが、毎月分配型の投資信託の場合は注意が必要です。毎月分配型の投資信託の場合その分配金も再投資すれば複利運用が可能ですが、少しだけ問題があります。

それは分配金を受け取る際に、課税されて再投資できる金額が少なくなる点投資信託そのものの財産が縮小してしまう点です。

NISA口座を利用しない場合、分配金には約20%の税金が課税されます。 その税額分だけ、再投資できるお金がなくなってしまうのです。

また、分配金を出すことで投資信託の財産(純資産)から多額のお金がなくなります。 すると、そのお金で運用できたはずの複利分も失われることになります。

そのため、どうせ複利を狙うのなら毎月分配型の投資信託ではなく、分配の無い投資信託を利用したほうが良いので、その点は気をつけてください。