子どもが生まれて1ヶ月!父として夫として思うこと

昨年、12月末についに子どもが生まれました。このブログも「お父さん(仮)は~」から正式に「お父さんは~」になったということですね。

子どもが生まれて色々思うことがあったので、考えをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

子どもが生まれて

昨年末ついに第一子が生まれました。妻がほんとに頑張ってくれたと思います。

普通分娩の予定だったんですが出産前の最後の検診の際、赤ちゃんの頭が予想以上に大きく(みんなは中身が詰まってるんだねとフォローしてくれました(笑))普通分娩では出てこれないとのことで帝王切開をすることになりました。

しかも、せっかちなことに帝王切開の予定日前日に陣痛が来てしまって破水までしてしまうというやんちゃぶりでした。

結局、予定日の前日に繰上げて緊急帝王切開をするという始末。それでも元気に生まれてきてくれたのはほんとに良かったと思います。

生まれる前までは普通に接せれると思っていたのですが、いざ自分の子供を目にするとだめですね…。

めちゃくちゃ可愛いです!

こんなにも可愛いものだとは思いもよりませんでした。もう完全に親ばかですね。加えて、里帰り出産のため妻や子どもとは離れて暮らしている状況なだけに1週間2週間ぶりに会えるとなるとなおさらですよね!

その為、妻や向こうの家族からは非常に重宝がられます。そりゃ向こうでは四六時中お世話しているわけで疲れ切っているでしょうからね(笑)

夫として妻にできること

1ヶ月検診も終わり、もう間もなく里帰りからこちらへ戻ってくる予定です。今までは向こうの家族が手伝ってくれていたので妻としても比較的安心して子育てできる環境でした。

しかし、こっちに戻ってくると私と妻と子どもの3人暮らしです。さらに私は平日仕事に出ます。つまり、日中は妻1人で子どもの面倒を見るわけです。

今まで以上に負担がかかることになります。ストレスもかなりのものでしょう。だからこそ私が家にいるときはできるだけ子どもの世話なり料理なりを積極的にしていきたいと思います。

当たり前といえば当たり前のことだとは思いますが、その当たり前の事を当たり前にするのってとても難しいんですよね。

父として子どもにできること

子供に対しても出来るだけのことはしていきたいと思っています。もちろん今の時期本人は覚えてないでしょうけど(笑)

まずは、ミルクあげとオムツ替えとお風呂ですかね!あと抱っこもいっぱいしてあげたいです。

また、これはまだだいぶ先の話だとは思いますが、お金に関する知識も付けさせたいと思います。やっぱり、これからの時代はお金に関する知識は必要不可欠です。知らなければ損をする。そんな世の中ですからね。

子供の将来のために学資保険やジュニアNISA等も本格的に検討しないといけませんね。

これからもうすぐ妻と子どもと3人での暮らしが始まります。子育てについては全て初めてのことなので試行錯誤しながらになるとは思いますが、出来る限り妻のため子どものためにできることをしていきたいと思います。