2,000円で色々もらえる?「ふるさと納税」の仕組みを知ってお得に商品を貰おう

いよいよ今年も残すとこあと僅かとなってきました。かく言う私は年末の仕事の追い込みでてんやわんやしています…。そしてこの年末の時期になるとネットなどで盛り上がりを見せてくるのが「ふるさと納税」の記事です。

特に豪華な返礼品など話が多く気になっている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際どのような制度なのか、めんどくさい手続きが必要なのではないか等気になることも多く、なかなか踏み出せない方も多いと思います。

そこで今回はその「ふるさと納税」についてまとめて見ようと思います。

スポンサーリンク

「ふるさと納税」とは?

ふるさと納税」とは納税という言葉がついていますが実際には、都道府県、市区町村へ「寄附」することです。

そもそも「ふるさと納税」ができた背景には以下の様なことがありました。

地方で生まれ育ち都会に出てきた方には、
誰でもふるさとへ恩返ししたい想いがあるのではないでしょうか。
育ててくれた、支えてくれた、一人前にしてくれた、ふるさとへ。
都会で暮らすようになり、仕事に就き、納税し始めると、
住んでいる自治体に納税することになります。
税制を通じてふるさとへ貢献する仕組みができないか。
そのような想いのもと、「ふるさと納税」は導入されました。

出典:ふるさと納税の理念―ふるさと納税ポータルサイト

この文言からだと自分のふるさとにしか寄付できないように受け取れますが、実際は日本全国どの自治体にも寄付が可能です!

そして「ふるさと納税」の一番の特徴は寄付した金額に応じて寄付した自治体から返礼品がもらえるということでしょう。うまく寄付すれば実質自己負担額が2,000円で様々な返礼品がもらえるため非常にお得になります。

「ふるさと納税」は節税にはならない?

ふるさと納税」の記事ではよく”ふるさと納税を利用して節税しよう”という文言が多く見受けられます。しかし、私はその文言には疑問を覚えます。

その人の収入などにもよりますが、「ふるさと納税」を利用すると

5万円寄付したら48,000円税金が安くなる。
1万円寄付したら8,000円税金が安くなる。

税金が安くなるのは間違い無いのですが、それは寄付をしているからです。

寄付をして「先に」お金を支払っているのです。

なのでトータルで見ると2,000円多く支払っていることになります。その2,000円分が自己負担額ということになります。

ではなぜ、こんなにも「ふるさと納税」がこれほど取り上げられているのでしょうか。それは自治体からの返礼品が2,000円以上の価値があるからです!高級なお肉や果物、中には家電なんかも返礼品として貰える自治体もあります。実質2,000円でそれらの品物が貰えるのであれば非常にお得ですよね。

寄附する金額を調べよう

ふるさと納税」では寄付する金額はいくらでも構わないのですが、税金を控除できる金額以上を寄付してしまっては自己負担額が2,000円を超えてしまいます。その為、自分がどのくらい寄付すれば自己負担額が2,000円で収まるのか調べるのが最初の作業になります。

大体ですが、給料の場合だと
・年収300万円だと2万円くらい
・年収500万円だと3万円くらい
・年収700万円だと8万円くらい

になります。共働きか、子供がいるのか、住宅ローン控除を利用しているのか等により変わりますので、大まかな目安にしてください。なおふるさとチョイス等のふるさと納税サイト等で詳細な寄附金額の計算をすることができますので利用してみてください。

寄付したら申告をしよう

自分に最適な寄附金額が決まり、ほしい特産品がある自治体も決まったらいよいよ寄付です。クレジットカード、振り込み、現金書留、直接窓口に持参などがあります。
クレジットカードだとポイントが貯まるのでその分お得になるのでおすすめですね。

そして寄付をしたら翌年に確定申告をすることになります。しかし要件を満たせば会社員の方は、ふるさと納税した分の確定申告は不要なっています。

会社員の方がふるさと納税して確定申告を不要にするには、ふるさと納税した自治体に「ワンストップ特例制度を申請するための書類を送る必要があります。「ワンストップ特例制度」が使うためには、以下の条件を満たさないといけません。

  • 年収2,000万円以内
  • 1年間の寄付先自治体が5つ以下

確定申告しない場合は、自治体から郵送される「寄附金税額控除申告書」を提出してくださいね。なお、確定申告をした場合には所得税は還付を受けて、住民税は控除を受けるのですが、「ワンストップ特例制度」の場合は住民税の控除のみ(所得税控除分も含めて)となります。

しかし、住宅ローン減税や医療費控除のため確定申告をする必要がある人は「ワンストップ特例制度」は利用できませんので注意してください。

いかがでしたでしょうか。厳密には節税というわけではありませんが、2,000円の自己負担だけで様々な返礼品が貰えるのは非常に魅力的無いのではないでしょうか。私も昨年は「ワンストップ特例制度」を利用して「ふるさと納税」を利用しまし、食料品などを貰って食費を節約しました。

ただ、今年は「ふるさと納税」は利用しません。なぜなら「住宅ローン減税制度」を利用して十分に所得税と住民税が安くなり「ふるさと納税」のメリットが少なくなるからです…。収入が増えたらまた利用したいなぁ(笑)

みなさんも「ふるさと納税」をする際はふるさと納税サイト等で寄附金額を確認してから利用してくださいね。

ふるさと納税はこちらから