初めての確定申告!住宅ローン減税制度の手続きは?

マイホームを購入する際に殆どの方が利用する住宅ローンですが、その住宅ローン利用者が申請できる制度の中に住宅ローン減税制度があります。

今回は住宅ローン減税制度の手続方法について確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

住宅ローン減税制度とは

住宅ローン減税制度」とは、国土交通省のすまい給付金サイトによりますと以下の説明が載っています。

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます(住宅の取得対価の計算においてはすまい給付金の額は控除されます)。また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。

引用:住宅ローン減税制度の概要|すまい給付金サイト

毎月の給与から差し引かれる所得税と住民税が控除されるのは大きいですよね。しかも住宅ローン残高の1%が10年間に渡って控除されるのであればなおさらです。ただし、年間40万円が上限で10年間で最大400万円の控除(長期優良住宅、低炭素住宅の場合は年間50万円の10年間で500万円)となります。また、住民税からの控除上限額は136,500円です。

適用条件については私が以前書いた記事を御覧ください。

家を購入または建築する際に皆さんはどのようにして支払いますか?大抵の方は住宅ローンを利用されると思います。現に私も利用しています。 ...

1年目は確定申告が必要

住宅ローン減税制度の申請については、初年度のみ確定申告を行う必要があります。

確定申告は「平成28年分 確定申告特集|国税庁」のページの「確定申告書等作成コーナーへ」をクリックした後に「申告書・決算書・収支内訳書等 作成開始」をクリックすると作成画面へ移れます。

私は郵送で申告書を税務署へ提出したので「書面提出」を選択しました。

なお、実際の申告書作成については「平成28年分 確定申告特集|国税庁」のページの「動画で見る確定申告」をクリックすると様々なケースでの申告方法を動画で確認することができ、その中の「住宅ローン控除還付申請手続」の動画が今回のケースになるのでぜひご覧ください。

実際の画面を見ながら申告方法を確認することができますので非常に参考になりますよ!

必要書類

申告に必要な書類は以下の5種類になるので準備をしておきましょう。

  • 売買契約書や請負契約書の(写)(購入価格が分かるもの)
  • 土地・建物の登記簿謄本(原本)
  • マイナンバーカード(写)(無い場合は通知カード+本人確認資料)
  • 源泉徴収票(原本)
  • ローンの年末残高証明書(原本)

なお、給与所得者の場合、2年目からは勤務先に住宅ローンの残高証明書を提出することで、年末調整で控除を受けることができます。

申告し忘れたときは?

住宅ローンを利用しているのに確定申告をし忘れてしまった場合はどうなるのでしょうか。もう還付は受けられないのでしょうか。

安心してください!戻りますよ!

申告し忘れたとしても5年までは遡って申告をすることができます。書類を用意する手間はあるかもしれませんが、戻ってくる金額を考えるとばかにならないので是非申告したいですね。

夢のマイホーム、金額はとても大きなものです。住宅ローン減税制度を利用して少しでも負担をへらしたいものですね。