2年以上積立投信を続けてきた結果が凄い!継続は力なりだと実感!

継続する力

このブログを始めたばかりの頃は、よくお金に関することについて記事を書いていました。

その中でも割と最初の方に書いたのが、「「積立投資信託」で資産運用に慣れていこう!「ドル・コスト平均法」でほったらかし運用」という記事。

その名の通り「ドルコスト平均法を使った積立投信の記事」です。

私自身、月1万円ずつという非常に少額ではありますが2年以上積立投信を続けています。

その間、Brexit(ブレグジット)トランプ大統領の誕生という経済界での大きな出来事もありました。

特にブレグジットの際は株価が急落し為替もかなり円高になったのが記憶に新しいと思います。

しかし、それらの出来事があったにも関わらず、ふと積立投信の状況を確認してみたらかなりのリターンとなっていました!

今回は、そんな積立投信の実力について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

積立投信を2年以上継続した結果は!?

さて、私自身が2年以上積立投信を継続した結果についてですが、以下のようになりました!(2017年10月17日時点)

投資信託運用成績

何やらごちゃごちゃといっぱいありますが許してください(泣)

NISAを導入する前の特定預り分とNISA預り分の2つに分かれて表示されているので見づらいと思います(泣)

あと、ファンドもいろいろ試した結果かなりカオスな状態です(泣)

スイッチングやリバランスをしろって話ですよね(泣)

ただ、そんな状態には目を瞑っていただいて…ぜひ含み損益の部分を見ていただきたいと思います!(汗)

見ていただければ分かる通り、NISA預りでは約10%!そしてなんと特定預かり部分では14%のプラスです!!

普通預金が0.001%のこの時代に10%を超えるリターンとなりました!

普通預金の1万倍ですよ1万倍!!

もちろん、今の数値は株高や円安によるものも多いので、今後の相場の変動でこれよりも目減りする可能性も大いにあります。

逆にここからマイナスになることだって十分にあると思います。

ですが、わたしとしてはむしろ今のうちにマイナスになってくれたほうが良いとさえ思っています。

なぜそう思うのか。それを説明する前に積立投信の特徴について説明をしたいと思います。

なお、わたしのポートフォリオや投資比率については「20代30代の資産運用は何が良いの?理想的なポートフォリオを考察してみる」で書いていますので、ぜひそちらも御覧ください。

積立投信の最大の特徴は「ドルコスト平均法」

積立投信を利用する際によく耳にする言葉が「ドルコスト平均法」という手法。

ドルコスト平均法とは毎月一定の“金額”で投資信託を買付する手法のことです。

「積立投資信託」で資産運用に慣れていこう!「ドル・コスト平均法」でほったらかし運用」でも紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

この手法の一番の特徴は価格が高いときは必然的に買える数が少なくなり、低いときには多めに買えるようになるということです。

これにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

それを理解するために、投資をする上で重要なリターンについて考えてみましょう。

投資をする上で一番リターンが得られるのは安い時に買って高い時に売ることです。

しかし、これを実現することは投資のプロでも非常に難しい。ましてや我々のような素人ではなおさらです。

むしろ、われわれ素人は株が上がって高くなっている時に流れに乗って買ってしまいます。

そして、株が下がってしまった時には損切りか塩漬けしてしまって、それ以降投資をやめてしまう方が多いのではないでしょうか。

これ、一番損をするパターンですよね。

かと言って、普通の人であれば常に相場を監視することなんて不可能です。

そこで活躍するのがドルコスト平均法を活用した積立投信というわけです!

重要なのは継続して買い続けること!

貯金箱

ここで重要なのは株価や為替なんか全く気にせず、ひたすら積立を継続することです。

これを活用すれば、安い時には必然的に多く買えて、高い時には買う量が抑えられます。

一番リターンが得られるのは「安い時に買って高い時に売ること」で、これがベストな選択肢です。

それに対してドルコスト平均法は、ベターな選択肢と言えるでしょう。

しかし、われわれ素人にはこれで十分です。

そして、わたしが今のうちにマイナスになってくれたほうが良いと思っているのは安い時に多く買えるという特徴があるためです。

事実、ブレグジットの時はわたしが所有している積立投信のファンドの多くがマイナスとなっていました。

しかし、わたしはそのことを全く気にせず積立投信を続けていました。

むしろ、積立投信をしていることを忘れて仕事をしていたくらいです。

ホントは仕事したくなかったですけどね…(笑)

ですがそのおかげで、マイナスの時期に多くの口数を仕込むことができて、この株高や円安によって一気にプラスになったというわけですね!

まさに継続は力なりと言える事象ですね!

今後、わたし達の世代ではますます投資は避けては通れない道となると思います。

そのときに備えて、まずは積立投信から始めてみて投資に慣れながら着実に資産をを増やしてみてはいかがでしょうか。

なお、わたしが利用しているSBI証券では、最低100円から積立投信を始めることができます!

「投資をやってみたいけど余裕資金がなくて…。」と考えている方でもこれなら可能ですよね!

是非チャレンジして投資に慣れていきましょう。

口座開設は(無料)こちらから