毎月分配型の投信は罠!?分配金の仕組みを確認してみよう

資産運用において投資信託というのは非常にメジャーなものと思います。そして、その投資信託の中で非常に人気のあるものが「毎月分配型投資信託」です。

毎月分配型の投資信託とは、その名の通り毎月分配金を出す投資信託のことです。

毎月何もしなくても決まった金額のお金が入ってくる!

これぞ不労所得!非常に魅力的ですよね。働きたくない私にとって一番欲しいものです!ですが上手い話には裏があるのが世の常…。今回はそんな毎月分配型投資信託の詳細について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

分配型の投資信託について

分配型の投資信託は、ある期間ごとに決算を行い、収益等の一部を収益分配金(分配金)として分配する投資信託です。そして、毎月分配型は毎月決算を行っているため毎月分配金を支払っているということになります。

分配金の支払い

皆さんは投資信託の分配金は何から支払われていると思いますか?

実は運用によって儲けた分を受け取っているとは限らないということをご存知でしょうか。

これは以前私が書いた「積立投資信託」の記事にも書いたのですが、分配型の投資信託の場合、分配金は一万口辺りいくらと決められており、運用成果にかかわらず受け取れるものとなっています。そして損失を出しているときの分配金は自分が購入した投資信託の資産から取り崩して受け取っているのです。

投資信託の分配金は預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産の中から支払われます。つまり、その分配金の金額分の運用益が出ていなければ、分配金と運用益の差額分の資産が目減りするということです。

投資信託で分配金が支払われるイメージ

図:日本証券業協会より

分配金の種類

投資信託の分配金には、普通分配金元本払戻金(特別分配金)の2種類があります。

普通分配金とは個別元本を上回る部分からの分配金です。普通分配金は投資信託の元本の運用により生じた収益から支払われ、利益として課税対象となります。

元本払戻金(特別分配金)とは個別元本を下回る部分からの分配金です。元本払戻金(特別分配金)は、「投資した元本の一部払戻し」に当たるため、非課税となります。また、元本払戻金(特別分配金)の額だけ個別元本は減少します。つまりこれが資産から取り崩す(目減りする)部分になります。

※個別元本とは、追加型投資信託における受益者毎の課税上の購入価額(手数料等は含まれません)をいいます。「個別元本=受益者が投資信託を購入した時の基準価額」となり、同じ投資信託を複数回購入した場合や元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合等に修正されます。

なお、分配金は一万口あたりいくらと決められていると述べましたが、資産が無くなるまでずっと一定に支払われるわけではありません。運用状況によっては資産の減少を抑えるために分配金の額を減少させる場合もあります。

毎月分配型のメリットは?

無分配型の投資信託に比べ利益確定しやすい

毎月少額(分配金相当額)の利益確定を行う仕組みは分配型投信(特に毎月分配型)のメリットになります。 無分配型の投資信託は、投資家のあなた自身が利益確定するタイミングを見計る必要がありますので、それを見極める必要は少なくなります。

下落相場でお金を逃がしやすい

下落相場では、特別分配金と言う形で投資元本の一部が戻りますから、目減りしていく前に投資資金を逃せるという見方もできます。 良くも悪くも、金融商品からお金を逃がしやすい特徴を持っていると言えると思います。

毎月分配型のデメリットは?

分配金を受け取る際に税金がかかる(普通分配金)

毎月の分配金には税金がかかるため、控除される税金の分だけ再投資額が少なくなり、投資の効率が悪くなります。つまり複利の恩恵を受けにくくなってしまうという点がデメリットになります。

コストが高い

毎月決算をするという手間から、信託報酬が高くなりますこの点についても以前述べたことがありますが、運用して増やすにあたって手数料は低いことに越したことはありません。

殖やすという点では不適

以上、「毎月分配型投資信託」について説明しました。不労所得を得たい私にとっては非常に魅力的ではありますが、今の私は資産を増やす時期と考えています。そしてその殖やすという点においてはこの「毎月分配型投資信託」は適さないとも思いました。

ですが、将来それなりの資産を保有することができたのなら毎月分配型の投資信託は年金や生活費の足しに活用できるという点で悪くない選択肢ではないかとも感じています。

殖やした分ってなかなか使いにくいですが、毎月分配型で自動で定期的に利益確定できるのであれば気持ち的に楽ですからね。

その場合でも分配金が多すぎる投資信託は資産が目減りする可能性が非常に高いので、分配金の少ない投資信託にしようかと思います。

みなさんも「毎月分配型投資信託」の購入を検討の際は、上で述べた点について理解した上で検討してみてください。