MVNOで携帯代の節約!私がOCNモバイルONEを選んだ理由と特徴について解説。

nvtrlab / Pixabay

携帯代が節約できると巷で話題の「MVNO」。実際私も「OCNモバイルONE」という「MVNO」を利用しており、今まで1人で1万円近くかかっていた携帯代が2,000円弱にまで節約できました!

今回は「MVNO」の仕組みと私が利用している「OCNモバイルONE」の特徴について解説したいと思います。

スポンサーリンク

そもそもMVNOとは?

よくネットで目にする「MVNO」。携帯代が節約できるということで注目されていますが、そもそも「MVNO」とはどういうものなのでしょうか。

MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と言い、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことを指すようです。

ちなみに「MNO」という言葉もあるようで、こちらは「Mobile Network Operator」の略。日本語では「移動体通信事業者」と言って、皆さんおなじみの「docomo」「au」「Softbank」といったいわゆる「キャリア」と呼ばれる会社がMNOとなるみたいですね。

「MVNO」は無線通信回線設備を開設・運用せずとあるように自前の設備を保有していないため「キャリア」お金を払って回線を借り、サービスを提供しています。

回線を借りているとは言え「MVNO」はキャリアとは異なり、通信施設や端末、各種サービスの開発、そして全国に展開するショップなど膨大なコストをかける必要がありません

また、ユーザ数に応じて必要なぶんだけネットワークを借りるため、小回りの効く経営が可能となります。そのため料金を安く設定できるというわけですね。

OCNモバイルONEには1日単位のプランが有る

私が数ある「MVNO」の中で「OCNモバイルONE」を選んだ最大の理由は1日単位のプランが有るからです。「OCN モバイル ONE」の1日単位のプランでは110MB/日コースと170MB/日コースの2種類が用意されています。

データ通信専用のプランを選択した場合、110MB/日コースでは月額972円170MB/日コースでは月額1,490円となっております。1日110MBで月額972円ということは1月30日で計算すると1ヶ月では3300MB、約3GBであり、料金的には他のMVNO比べても安いというわけではありません。

しかし、最大の特徴は1日で通信料がリセットされるということです!

通常、キャリアを含め他の「MVNO」では月単位でのデータプランとなっています。そして、一度データ容量を超過してしまうと翌月になるまで通信速度に制限がかかってしまいます。その為、月末近くはデータ容量を気にして思うようにスマホでブラウジング等ができないでいる方が多いのではないでしょうか。

しかし、「OCNモバイルONE」の1日単位のプランであれば一度110MBを超えてしまったとしても、翌日にはリセットされ通常速度に戻ります

この点は精神的にも非常にメリットが大きいです。月末でもデータ容量の超過に怯えることなく利用できますからね。

地味に嬉しいデータ容量の繰越サービス

OCNモバイルONE」はデータ容量繰越のサービスもあります。私は自宅にWi-Fi環境があるため、帰宅後はWi-Fiに繋いでスマホを利用しています。仕事中も休憩時間くらいしかスマホを利用しないため1日のデータ利用量が110MBに満たない日も結構あります。

すると、翌日に結構な容量が繰り越されているケースが多々あり、使い切れないケースも多くあるのが現実です。また、このように繰越分の容量もあると便利なのが遠出したときなどです。休日など遠出した際はスマホの利用料も増加すると思います。しかし、繰越分の容量があることで速度制限にかからずにすむケースも多くありました。

また、現在私はブログで何回か書いた通り息子が病院に入院しています。普段は妻が付き添っていますが、休日などは私が交代で付き添っています。そのときにも繰越容量があるとWi-Fi環境がない状況でも速度制限がかからず、快適にスマホを利用できました。

仮にかかったとしても翌日には速度制限がリセットされるためほとんどストレスなく利用できています。

アプリを利用して容量の確認と速度の切り替えが可能

OCNモバイルONE」には専用のアプリが存在しており、このアプリを利用することでリアルタイムで当日どのくらいのデータ容量が残っているのか確認することができます。

そして、このアプリを利用して行えるのがターボのON/OFF機能です。

ターボONが通常の状態であり、最大速度150Mbpsで通信できます。ターボ機能をOFFにすると通信速度を制限し最大200Kbpsの速度で通信します。また、この場合は契約した通信容量を全く消費せずに通信を行う事ができます

つまり、メールの確認などであればターボ機能をOFFにして容量を節約、動画や画像を見る際はターボ機能をONにしてストレスなく利用するといったような使い分けができるということですね。

もし、それでもデータ量が足りない、もしくは速度が欲しい場合はポケットWi-Fiも検討してみてはいかがでしょうか。

先日、我が家でずっと前から気になっていたポケットWi-Fiを遂に導入しました。 導入したのは月額料金最安値と言われているBroad W...

まとめ

以上が「OCNモバイルONE」の特徴でした。決してデータ容量が多いというわけではありませんが、1日単位でデータがリセットされるのは他にはない特徴で非常に使いやすいと思います。

自宅にWi-Fi環境がある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。