利便性は抜群!ネット銀行の使い方、メリット・デメリットについて

日常の生活においてお金の管理に欠かせない銀行の口座。皆さんはどこの銀行をお使いでしょうか。

様々な銀行をお使いの方がいると思いますが、今回はネット銀行について主な使い方や、メリット・デメリットについて確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

ネット銀行について

ネット銀行と聞いて、なんとなくイメージは浮かぶものの、一般的な銀行とどんな違いがあるのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
ネット銀行とは、対面の店舗を持たず、インターネット上での取引を中心として営業している銀行のことを言います。

店舗を持たないことから、人件費を大幅に削減することができるため、その分を振込やATMの手数料などを安く(または無料で)提供しています。また、通常の銀行と比べて好金利での預金も提供しています。

どんな使い方がある?

では、ネット銀行の使い方としてはどのようなものがあるのでしょうか。次からはネット銀行の使い方の例をご紹介したいと思います。

給与振込口座として

私やこのブログをご覧になっている方のほとんどは仕事をしている現役世代の方だと思うのですが、当然仕事をしている対価として給料を貰っていると思います。

そして今の時代、給料はほとんどの方が銀行振込であり現金支給の方はほとんどいないと思います。

そうなってくると、財布に現金を入れるためには当然振り込まれた給料を引き出す必要があるのですが、普通の銀行の場合、窓口の営業は午後3時までです。ATMの引き出しについても手数料無料となるのは午後6時までの銀行がほとんどだと思います。

しかし、我々現役世代にとっては平日のその時間は当然仕事をしています。また、昼の休み時間などにATMで下ろそうとしても、給料日は他の企業とかぶっていることが多くATMには同じく給料を下ろしに来た方で長蛇の列ができていることも少なくありません。

貴重な昼休みの時間が給料を下ろすだけでほとんど終わってしまうなんてケースもあると思います。

しかし、ネット銀行を給与口座に指定することができる企業であれば、近くにあるコンビニなどの提携ATMで利用手数料無料(ネット銀行により制限あり)でいつでも下ろすことができるようになるのです。

現役世代の方にとってはベストな選択肢なのではないでしょうか。

お小遣い用口座として

給与振込口座として指定できれば上記の使い方が良いと思うのですが、中には企業の都合で給与振込口座が指定されているなんて方もいらっしゃると思います。

かく言う私も勤務先の都合で給与振込口座が指定されており、上記の使い方はできていません…(笑)

では私はネット銀行をどのように使っているのか。ズバリお小遣い用の口座として利用しています!

給与振込口座として指定された銀行から毎月の自分のお小遣い分だけをネット銀行の口座へ移し、残った金額は固定費の支払い分と今月の貯蓄分として手を付けないでおく、と言うものです。

いわゆる先どり貯蓄の別バージョンみたいなものですね。普通の銀行はお金を下ろすのも面倒くさいので(月一回だけネット銀行にお小遣い分移す必要はありますが…)ネット銀行の残高分だけでやりくりするようになりました。

家賃振込み用として

ネット銀行はATM手数料無料の他に振込手数料も複数回無料の銀行が多いです。

その為、私はマンションを購入する前は家賃振込に、マンション購入後でも駐車場は別で契約していますので駐車場料金の振込に利用しています。

私の給与口座の銀行ではATMでの振込の場合、3万円以上の振込は1回あたり540円。3万円未満の場合は1回あたり324円の振込手数料がかかります。

家賃の場合ほとんど3万円以上の場合が多いと思いますので年間6,480円駐車場料金の場合でも年間3,888円を節約することができます。

その他、預金金利が普通の銀行よりも高いなどの利点もありますが、スズメの涙程度の差であるため、私はあまりメリットには感じておりません。ある程度の蓄えとして預金に残しておいて、その他は投資に回したほうが良いと思います。

デメリットはあるの?

様々なメリットがあるネット銀行ですが、もちろんデメリットもあります。

ネット銀行というだけあってインターネットを利用して取引を行うことがほとんどですので、ネットワーク障害などでネット銀行のホームページ自体にアクセスできなくなってしまうと復旧するまでは取引ができなくなるという点があります。また不正アクセス等の危険性もあるので利用するネット銀行のセキュリティについてはよく確認したほうが良いでしょう。

ほかにもネット銀行は公共料金や税金、クレジットカードの引き落とし口座への指定に対応していないことが多いのでこの点にも注意してください。

また、支店がないので当然窓口での相談サービス等も受けられません。通帳もないので記録はネット上で確認できるもののみです。明細の表示期限などもあるため、記録を残したい場合は明細をCSV形式でダウンロードするなど対策をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ネット銀行は多少の制限はありますが、ATM・振込手数料の無料は我々現役世代にとっては非常にメリットのあるものだと思います。

現在世の中には多くのネット銀行が存在しています。ATM手数料無料での利用回数や、振込手数料無料の回数にそれぞれ差がある為、今回ご説明したネット銀行の利点をもとに、それぞれの特徴をよく確認した上で自分にあったネット銀行を探して利用してみてはいかがでしょうか。