書いてる人について

Unsplash / Pixabay

みなさんはじめまして。このブログの管理人の砂糖クツログと申します。

このブログのタイトルからわかるように私は働かないで飯が食いたい!仕事なんてしたくない!何もしないでお金が入ってくればいいのに!宝くじで5億円くらい当たらないかな?という願望をもって日夜生活しています。

スポンサーリンク

自己紹介

現在私は28歳で、とある地方都市在住のサラリーマンです。同い年の派遣社員をしている妻(現在は育休中)がおり、今年の年末に第一子が誕生する予定です。2016年の年末に息子が誕生しました!

2016年の春先に中古マンションを購入し住宅ローンも利用しています。比較的順調に人生を歩んできたのかなと感じておりますが、結婚式や新婚旅行、マンションの購入と貯蓄については増えるどころかじわじわと減っているのが現状です。

今後は出産・育児で妻は仕事ができないですし、仕事するとなっても保育園に行かせなければならず不安が残るばかりです。

このブログを始めた理由

今まで共働きをしていたということもあって、お互いの収入や貯蓄についてはほとんど関与していませんでした。しかし、住宅ローンの利用や子供が産まれるということでこのままではいけないと思い、まずはお金を殖やすために何か行動をしなければと思い立ってこのブログを始めました。

どんな内容を書いていく?

結婚自宅の購入息子の誕生と20~30代の人生における大きなイベントの大半を経験して、仕事についてもこれからが働き盛りという時期にも関わらず、働かないで飯が食いたいなどというフザけた思考をしています。本当にダメ人間です。

そんなダメ人間が自分の願望を実現するために、あれやこれや考えていることを書き綴っていくブログです。

とは言え、ただのサラリーマンが働かないで飯が食えるほどの不労所得を簡単に手に入れられるわけはなく、普通の人でもできる貯蓄やら投資やらのお金に関する話を書いていくのが中心となります。

具体的にはFP2級の資格を取得して得た知識を使って、当面は家計管理や資産運用、住宅ローンの事などのマネーに関することについて実践したり感じたことを書いています

しかし、長男が産まれて2ヶ月が過ぎた頃、胆道閉鎖症と言う病気になってしまったことが発覚。1万人に1人という難病です。

手術を行い、無事成功しましたが、この病気は完治という物はありません私たち家族は、この病気と一生付き合っていかなければならなくなりました

このブログも最初はお金に関することを中心に書いていました。育児については子どもが生まれたことで合間にちょこちょこと書いていたのみです。

しかし、病気が発覚した現在では息子の病気と術後の経過、そして病気の子どもが使える公的補助などの説明の記事が多くなってきました。

このブログもどういう方向性で持っていけばよいのかわからなくなっているのが正直なところです。「働かないで飯が食いたい」なんていっている状況ではなくなっていますからね。

ですが、病気になった息子がほんとに可愛くて可愛くて仕方がありません!仕事を休んで毎日妻と面倒を見たいと思っているくらいです。

働かないで飯が食えるほどになって毎日息子の面倒を見たいという願望も込めてブログタイトルはこのままでいきたいと思います。

そして、ブログのテーマについてですが、これからは息子の病気のことについての記事が多くなると思います。

ですが、私自身資産運用については興味があります。また、病気の子を持った親は医療費に悩まされるケースが多いと思いますので、そんな方に向けてお金の知識について紹介し、少しでも家計の助けになるようなブログになればとも思っています。

なので、育児とお金がこのブログのテーマになると思います。

…結局は今までと同じか!(笑)

普通のサラリーマンがどこまでできるか

偉そうなことを書いていますが、所詮は普通のサラリーマン。なかなか上手くいくとは思ってはいません。ですが、意識して行動していくことで何か変化が生まれてくればいいなと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. はじめまして。
    おそらく同学年なので、勝手に親近感覚えてます。
    ブログ始めた時期も似てますし。

    20代でお金に関する話をしてる人が周りにあんまりいなくて、ネットで仲間を探していたらこのブログにたどり着きました。
    お金に関するお得情報に期待してますので、更新今後もよろしくです。

    • 砂糖クツログ より:

      はじめまして。コメントありがとうございます!
      確かに私達の年代でそこまでお金に関する話をする人って少ないですよね。
      でも、今のうちからそういう知識を付けていったほうが間違いなく将来役に立ちますからね。
      ぜひお互い頑張って知識を付けていきましょう!
      今後もよろしくお願いします!