新たに始まる積立NISAと現行NISAを比較。それぞれのメリットと使い方について

Pexels / Pixabay

私のブログでもNISAについて何回か取り上げていますが、今回は2018年から新たに始まる積立NISAについて紹介したいと思います。

その上で現行NISAとの比較をしていこうと思いますが、正直今までNISAはもちろん投資もしたこと無い方にとっては積立NISA一択だと思います。

しかし、それなりに投資経験があり、投資信託のみでなく株の取引もしている方にとってはなかなか悩ましいものがありますね。

スポンサーリンク

積立NISAとは

積立NISAは、現行のNISAと比べてより長期的に安定的な資産形成をすることを狙った制度です。一番の特徴はなんといっても年間最大40万円を20年という長期に渡って非課税で運用できる点です。

現行のNISAは『年間120万円まで』非課税枠があるので、それと比較すると金額は少なく感じるかもしれません。しかし、20年間毎年40万円いっぱいまで非課税枠を活用すると、非課税投資総額は最大800万円となります。現行NISAは120万円の非課税枠が5年間なので最大600万円ですからトータルで見ると積立NISAの方が非課税枠が多いということになります。

また、積立NISAのもう1つの特徴的な点は、投資できる商品が限られているということです。現行のNISAは『株』と『投資信託』のどちらも対象としていますが、積立NISAは現段階では『投資信託』に限られています。また、詳細は決定していませんが、積立NISAを利用できる投資信託はも制限される予定で長期投資に向いている投資信託に限定されるようです。

この点や、iDecoの件でも感じましたが、政府としては日本国民に投資の文化を根付かせたいという意図が見えてきますね。

現行NISAと積立NISAの比較表
従来からのNISA (2018年からの)積立NISA
税制優遇 利益非課税
主なデメリット 課税口座と損益通算ができない
対象金融商品 株式、ETF、株式を含む投資信託等 積立NISAに適した投資信託等
対象者 20歳以上の国内居住者等
非課税期間 5年 20年
年間買付上限額 120万円 40万円
最大非課税額 600万円
800万円
制度の利用方法 どちらか一方を選択(併用不可)
制度の適用期間 2023年開始分まで (恒久?)
金融機関の変更
1年毎に可能

積立NISAは現行NISAとの併用が不可

積立NISAですが、実は現行NISAとの併用ができません。どちらか一方しか選択することができないのです。せっかくやるんだからこんな中途半端なことしないでどっちも利用できるようにすればいいのに…。こんなんだから投資文化が根付かないんですよね~。やる時は思い切ってやってほしいです。

まぁ、それはさておき、ではこの場合どちらを選択した方がいいのでしょうか。

投資初心者の場合

一番最初にも述べましたが、今まで投資したことがない方や、投資初心者で投資信託(積立投資信託)しかしたことが無い方であれば積立NISA一択だと思います。

基本的に投資は長期的な視点で行うことが基本です。その為、長期的な資産形成を行う上で積立NISAは非常に有効な制度だと思っています。

この点はiDeCoとも似ていますね。ただ、iDeCoは60歳になるまで引き出すことができないのに対して、積立NISAは引き出しは自由にできます

もちろん、長期保有して将来の資産形成をしていったほうが良いのは間違いありませんが、ライフプランが変わった場合、突然資金が必要になってくるケースもあるでしょう。

その際にiDeCoでは対応できない部分を積立NISAで補えるのはメリットだと思います。

なので無理のない金額でiDeCoと積立NISAを併用するのが一番いいかもしれませんね。

また、利用する際は積立NISAという名前の通り毎月決まった金額の投資信託を購入していきましょう。いわゆる積立投資信託ですね。

理由は、毎月積み立てであれば「ドルコスト平均法」で購入価格の平準化を図ることができ、日々の投資信託の価格(基準価格)に一喜一憂することなくほったらかしながら運用できるからです。

ほったらかしなんかでいいのと思うかもしれませんが、長期の運用をするのであればそれくらいがちょうどいいと思います。ドルコスト平均法についてはこちらの記事を御覧ください。

貯蓄を始めてみたのはいいけれど銀行の金利はゼロに近い水準でほとんど増えないし、かと言って資産運用するのは損するのが怖くてなかなか踏み出せ...

投資経験者(現物株の運用等)の場合

さて、次に投資経験者で現物株なども利用している場合はどちらが良いのでしょうか。

正直この場合は非常に悩ましいです…(笑)

実際、私も少額ではありますが現物株も保有しています。そして、現時点で現行NISAの制度も利用しています。

投資信託の場合、短期間で投資した金額が倍以上になるなんてことは殆どありません。ですが、現物株の場合うまく行けば倍どころか物によっては10倍以上になるなんてものもあります。

いわゆるテンバガーと言われるものですね。そして、その株をNISAで保有していれば値上がり分をそのまま受け取ることが出来るのでかなりのメリットがあります。

もちろんそんなに簡単にテンバガーに巡り会えるわけはありませんが狙う価値はありますからね。

当たったらでかいですよ!(笑)

しかし、一般論としては20年の非課税期間がある積立NISAに分があるとは思います。

現行NISAは2023年開始分までで終了し、その後は積立NISAに一本化されるようです。私はまだ検討中ではありますが、今のところは2023年までは現行NISAを利用し、その後は積立NISAを利用する方針で行こうと思います。

ただ、積立NISAも現行NISAもまだまだ内容が変わりそうな感じがするので引き続き注目していきたいですね。

さて、積立NISA現行NISAについて比較をしてきましたが、それぞれにメリットが有りました。みなさんも利用する際は自分の投資スタイルや将来のライフプランなどに合わせてじっくりと検討し上手に活用してみてください。